馬久の普通の日記

顔も口も声も大きいけど普通の馬久

馬久の由来

赤坂倶楽部に出ます。
二ツ目に昇進して、初めて自分の名前の冠が付いた会です。

助演と言いましょうか、ゲスト市童兄さんです。
前座の時から、大変にお世話になってます。なり過ぎてます。
兄さんの胸を借りまして、思いきりぶつからせて頂きます。

『赤坂倶楽部 馬久の会』
【日 時】4月15日(金)
【場 所】赤坂会館
【時 間】開場/19:00 開演/19:15
【木戸銭】当日1800円 前売1500円
【出演者】柳亭市童、金原亭馬久
https://www.mixyose.jp/akasakaclub/


名前の由来


馬久の会」。こう字面を改めて見ると、自分で言うのもなんですが、いい名前です。

今さらですが、「馬久(ばきゅう)」という名前の由来は、

元々、初代金原亭馬生の弟子に「馬久二(ばくに)」という名前がありまして、

寄席文字で書くと大変に収まりが良いそうで、先代馬生も大変に気に入ってたそうです。弟子に勧めて皆断ったそうです。

馬久二」から「」を取りまして、「馬久」です。

馬久二」目指して頑張ります。

ちなみに字は違いますが、畠中恵先生のしゃばけシリーズに「本島亭場久」という噺家が出てきます。

私がモデルです。


嘘です。私の二ツ目昇進より本のが先です。


今の馬久の精一杯を出します。

平日夜ですが、開演も少し遅いので、お仕事帰りの方も是非。

お待ちしております。

f:id:kingentei-bakyu:20160408233025j:plain

広告を非表示にする