読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬久の普通の日記

顔も口も声も大きいけど普通の馬久

エンパク寄席

 

行って来ました、また早稲田。

 

 

エンパク寄席、緑太兄さんとの二人会です。

f:id:kingentei-bakyu:20161012114129j:plain

 

予約不要、定員30人とのことでしたが、50人以上のお客様にお集まり頂きました。

ありがとうございました。

 

思ったより大勢の人が来て、初めての方もいらしてたので、出番前に二人して急にネタを変えました。

ビビった訳ではございません。ストロングスタイルです。

 

f:id:kingentei-bakyu:20161012174743j:plain

昔の寄席の雰囲気を再現ということで、座布団の横に火鉢があったのですが、何も出来ずでした。次回は無駄に触ってやろうと思います。

 

 f:id:kingentei-bakyu:20161012114159j:plain

 照明の具合で、ぐっといい男です。

 

 

次回は11月15日。

市童兄さんと二人で、15時からと早い始まりです。ご来場お待ちしております。

 

『エンパク寄席』
【場所】演劇博物館2階企画展示室内
【木戸銭】入場無料 各回30名(予約不要)

【日時】

11月15日(火)15:00〜 出演:柳亭市童・金原亭馬久

12月13日(火)17:00〜 出演:柳家緑太・柳亭市童

enpaku 早稲田大学演劇博物館 | ミニ落語会「エンパク寄席」※ギャラリートーク付き

 

 

 

 

展示も当分続きます。是非お運び下さい。

 

圓朝師匠の羽織を見て、なんとなく背格好を想像したり

我々の大師匠・大々師匠の世代の師匠方の若かりし頃の写真や映像を見て、この写真の時の師匠を見てる人はいないんだなとか

明治の噺家の名前の一覧の中に、「馬久」の名前の由来になった「山亭馬久二」を見つけたり

と楽しみました。

 

 

2016年度早稲田大学演劇博物館 企画展

落語とメディア

会期:2016年10月1日(土)~2017年1月18日(水)
開館時間:10:00-17:00(火・金19:00まで)入館料無料
休館日:10月5日、19日、11月2〜4日、16日、12月7日、21日、12月23日〜2017年1月5日、8〜9日
会場:演劇博物館2階企画展示室 
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点
協力:株式会社オフィスエムズ、キングレコード株式会社、株式会社講談社

rkgo_425

enpaku 早稲田大学演劇博物館 | 落語とメディア

 

 

 

 

広告を非表示にする